のんびり気ままに

暮らしの中での出来事や感じた事、写真も交えて綴ります

色づく銀杏並木  

母の葬儀後、色んな手続きなどを一気に動いたので、
この2週間程は猛烈に忙しく、ここに来て疲れがドーンと来て少し体調も崩しかけました。
でも急ぐものはほぼ終わらせたので、ちょっと一息。
少しゆっくり自分の時間を過ごそうと思っています。

今日は用事で銀座まで出た帰り、皇居前の銀杏がぼちぼち見頃かなぁと東京駅に寄り道しました。
丸の内中央口の改札口を出たあたりから、もう遠くの黄色がわかりました。

行幸通りを真っ直ぐ皇居方面へ…見事な黄色の並木に到着です。
皇居側から東京駅方面を見た眺めです。
両側は車道になってますが、真ん中は広い歩道。
皆さんゆっくりお散歩したり写真を撮ったり、それぞれ紅葉を楽しんでます。



神宮外苑の銀杏並木もとても見事ですが、こちらもなかなか負けてません。
ちょうどいい見頃の時に来れました。

PB200153-1-1.jpg

奥に見える東京駅に近い並木はまだまだ緑。
紅葉の条件の一つとして夜は暗くならないといけないみたいで、
駅に近い方はビルも多いのでその分明るいから、こちら側より黄色になるのが遅いのでしょうね。

PB200158-1-1.jpg

帰りに仲通りも覗いてみたら、こちらもすっかりいい色合いに。
都会も秋真っ盛りです。
本格的に寒くなる前のこの秋の季節が、私は一番好き。

PB200139-1-1.jpg


※本日こちらのコメント欄はクローズさせて頂きます。
拍手コメントの方を宜しかったらご利用ください。


category: 風景

tb: --   cm: --

大きなお月様  

明日は超スーパームーンだそうですが、お天気が悪そう。
なので、今日の夕刻にまだ明るい空の月の出から少しだった頃、
うっすら姿を現し出したプレ満月を。
もうほぼ真ん丸で、見た目にもちょっと大きかった気がします。
月が昇り、だんだん輝く姿へ変わっていくのを眺めるのも大好き。



※本日コメント欄はクローズさせて頂きます。
拍手コメントの方を開けておきますので、ご連絡など宜しかったらご利用ください。


category: 天体・月

tb: --   cm: --

ダイヤモンド富士2016秋 3  

撮影3日目は昨日の場所より江戸川を更に北上。
この日は土手ではなく、近くの展望施設からでした。

高い所からの空はかなりモヤモヤ、遠くのビルなども物凄く霞んでいます。
時間はだいぶ近づいてきてますが、富士山はまだまったく見えません。
ここからは今までも何回かチャレンジしてますが、なかなか綺麗なダイヤ富士を撮るのは難しいのです。

PB050022-HDR-2-1.jpg

当然ながら、この場所もこの日はカメラマンがとても多くちょっと混み合いました。
時間になると皆さん一斉にカメラに集中。
見えなかった富士山が、太陽がかかり始めたらハッキリしてきました。
稜線もなんとか確認でき、山頂に到着です。
この日は夕焼けの色具合がマイルド系なオレンジ。
雲はなく富士山もこの色に包まれて輝いてました。

PB050052-HDR-1-3.jpg

あんなに霞んでいたはずの空。
日が落ちるとともに視界は良くなり、残照がなんと美しい事でしょう。
濃いオレンジの帯をバックに富士山もシルエットがくっきりです。
この日の景色は値打ちあり。素晴らしい夜景へと変わっていきました。
スカイツリーに富士山、そして左に小さく東京タワーの先端もはっきりです。
何回見てもここからのこの夜の輝き、綺麗で大好きです。

PB050137-2-1.jpg

連日富士山の姿を拝める天気に恵まれ、楽しい撮影でした。
私もこの先は今回はちょっと追っかけられず、この秋はこれにて終了。
また年明けて2月にダイヤを拝めたらと思っています。


※本日こちらのコメント欄はクローズさせて頂きます。
拍手コメントの方を開けておきますので、ご連絡等よろしかったらご利用下さい。

category: ダイヤモンド富士

tb: --   cm: --

ダイヤモンド富士2016秋 2  

翌日は江戸川をもう少し北上した場所から。
この日は厚めのグレーの雲が右からヒタヒタと忍び寄ってきてる感じでした。
でも雲間から漏れる日差しに照らされた川面が、キラキラしてとても綺麗だなぁと、一応1枚パチリ。

PB040204-1-2.jpg

太陽が落ちてきてもうすぐダイヤになる頃。
撮り慣れてる方は富士山見えてるとおっしゃるのですが、その場では私は全然わからず。
撮った写真を後からよく見てみたら…今更ながら太陽のななめ右下にようやくうっすら山頂確認。

PB040233-HDR-1-1.jpg

16時半頃、山頂に太陽到着。
黒い雲が太陽の上半分を隠してしまっていて、中途半端なダイヤモンドです。

PB040275-HDR-1-1.jpg

雲もどんどん黒くなってきて、寒々しい空模様に。
もうちょっと上に雲が上がってくれたらなぁ~残念。

PB040270-HDR-1-1.jpg

PB040295-HDR-1-2.jpg

太陽が傾き始めてようやく富士山のシルエットがハッキリと出てきましたが、
この後は空もあまり焼けず、撮影終了になりました。

更に翌日へ続きます…。


※本日こちらのコメント欄はクローズさせて頂きます。
拍手コメントの方を開けておきますので、ご連絡等よろしかったらご利用下さい。


category: ダイヤモンド富士

tb: --   cm: --

ダイヤモンド富士2016秋 1  

ここ数日、江戸川沿いでのダイヤモンド富士の撮影をしました。
私の今秋の撮影はこの日が初日、大洲2丁目付近の土手からです。
お馴染みのメンバーの皆さんと一緒に、私もファインダーから富士山を見つめました。
久しぶりに好天に恵まれたこの日、太陽が綺麗に山頂に乗り、見事なダイヤモンドを見る事ができました。



太陽が沈んでいくと、夕焼けのスクリーンに富士山の影が浮き上がり始め二重富士の姿も。

PB030110-HDR-1-1.jpg

日没後のブルーモーメントへ移り変わっていく頃には、左の方角から細い三日月と金星が昇ってきました。
穏やかな気温だった日中も、陽が落ちると途端に冷え込んできましたが、
夜空へと色変わりしていく空があまりに綺麗だったので、しばらく眺めて帰りました。

PB030132-1-1.jpg

翌日・翌々日と撮影をしたものも、また順番にブログへ載せていきます。




夏から入院中だった私の母が、先月下旬に旅立ちました。
特に最後の1週間はとても苦しい状態が続き、側で見ていても可愛そうで、私も辛くてたまらなかったです。
臨終を迎え穏やかな顔になった母を見て、ようやく楽になったね…と母の頭を撫でながら声をかけてやりました。
同時に私も辛さや心の重みがスーッと軽くなっていったのを覚えています。

母を我が家に引き取って10年ほど。
徐々に弱り老いを増し、随分手もかかるようになっていきましたが、
自分の母を最期まで看る事ができたのは、ある意味幸せだったかもしれませんね。
私なりに目一杯世話もしたつもりなので、心残りもあまりありません。
葬儀でも穏やかな気持ちで送ってあげる事ができました。

お骨になってまた我が家へ戻ってきましたが、今は逆に前より近くにいる感じがしています。
これから少しずつ色々手続きや後片付けをしていかないといけないですが、
もしかしたら先々全て片付いて一段落した時、本当の寂しさが来るかもしれないですね。

葬儀後、今週は私も少し心身共に休養を。
ちょうどこのダイヤモンド富士の時だったので、いい気分転換出来ました。

週が明けたら、少しずつまた前へ動き始めようと思います。
そしてまだ義母もいますので、そちらをいずれ見送るまでは私ももうひと頑張りです。


※本日こちらのコメント欄はクローズさせて頂きますね。
拍手コメントの方を開けておきますので、ご連絡等よろしかったらご利用下さい。

category: ダイヤモンド富士

tb: --   cm: --