のんびり気ままに

暮らしの中での出来事や感じた事、写真も交えて綴ります

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダイヤモンド富士2017(4)  

江戸川でのダイヤモンド富士撮影も今日は大洲付近。
この場所は、毎回お天気に恵まれる確率がとても高い場所なんですが…。

ダイヤの時間の30分ほど前に土手に来ましたが、
強風のせいもあって、すでに富士山のシルエットが肉眼でも確認できるほどよく見えていました。
でもすぐ上に黒っぽい雲が帯のように居座っています。
太陽は見えるでしょうか…。



ダイヤの時間になっても結局、太陽が降りてきて乗る所が全く見えませんでした。
こんなに富士山ははっきりしているのに残念です。
右側の稜線の上の方あたりに、あ~太陽が今あそこにいるんだなぁという、
ごくごく僅かな端っこが一瞬だけ見えてわかりました。

P2070097-HDR-1-1.jpg

ダイヤモンドは不発に終わりましたが、
太陽が沈んだ後に、富士山の後ろから薄明光線でしょうか。
ちょっと後光が放たれたような、パーッとした光芒のような光が現れ、
これも短い時間でしたが、とても綺麗でした。

P2070132-1-1.jpg

北風の強風でさぶいさぶい…撮影済んだらさっさと撤収しました。

スポンサーサイト

category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 7

ダイヤモンド富士2017(3)  

ダイヤ富士が続きます。
撮影場所も江戸川を更に南下してきて、今日は前回の場所から遠くに見えていた高層ビルの屋上展望からです。

この場所から何度も撮影してますが、今日の混み方はビックリでした。
いつもの調子で1時間程前に来てみたら、あちゃ~もう場所が…。
たくさんのカメラマンで窓のそばはほとんど陣取られていました。
守衛さんが、物凄く混んできてるから入場制限にぼちぼちなるかもしれないなんて話も。
なんとか隙間に入り込みましたが、こんな事初めてです。
今回は土曜日のせいもあったからかもしれません。

ダイヤの時間まで、皆さん富士山の方角を見つめながら待ちます。

P2040267-1-2.jpg

17時頃に太陽が富士山にかかり始めました。
今日のこの場所からは左寄りに入り沈んでいきます。
空がもやっていてたわりに、ダイヤが始まったら意外にすぐ稜線も良く見えてきました。

P2040299-HDR-1-1.jpg

太陽が富士山に乗り始めるとあっという間に沈んでいってしまうので、シャッターチャンスは短時間。
今日はど真ん中に乗るパターンではなかったので、姿が見えなくなるのも早かったです。

P2040309-HDR-1-1.jpg

写真を確認したら、剣ヶ峰の辺りに2つの光。
キャッツアイが撮れてるのがありました(^^)v

P2040315-1-1.jpg

ダイヤはあっという間でしたが、そのあとの夕焼けも沢山の人達と楽しみました。
明日はお天気が崩れるようなので、このオレンジの空がなんだか名残り惜しい感じでした。

P2040330-1-1.jpg



category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 4

ダイヤモンド富士2017(2)  

今日は昨日の場所より川沿いに少し南下した、こんな場所から撮影でした。
朝から北風が強く、土手は飛び切り風が吹き抜け、超~寒い寒い。



直前まで富士山の姿が私は確認できず、寒さで手もかじかみ、
手袋したり、もたもたとそんな事に気を取られてたうちにファインダーをちょっと覗いたら、
おっと、もう太陽が山頂にかかり始めてるじゃないですか。
あせって何とかダイヤに間に合いました。

昨日に比べて今日は雲がない分、日差しが強烈。
眩しすぎて山の稜線までハッキリ写せませんでしたが、
太陽が綺麗に山頂に乗りました。

P2020157-HDR-3-1.jpg

太陽が傾き始めると、ようやく稜線もくっきり。
山頂の左側に黒い影、二重富士も現れました。

P2020211-HDR-3-1.jpg

帰り道の日没後の景色も今日もまた美しかったです。
シルエット富士がいつまでも見えていました。

P2020253-1-1.jpg

冷たい風の中で寒かったけれど、大満足の撮影になりました。

category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 4

ダイヤモンド富士2017(1)  

また地元でのダイヤ富士の季節がやって来ました。
今日は江戸川沿いの、ほぼ松戸市になる辺りから撮影しました。

ポイントに着いた時にはこんな空模様。
ここ数日急に空も春への兆しを感じる霞具合に。
まるでセピア色に撮ったかと思う感じにもわっとした色合いの景色です。
富士山もまったく見えません。



少しづつ空が色づき始め太陽がだいぶ降りてきた頃、うっすらと富士山の稜線がやっと確認できました。

P2010048-HDR-2-1-2.jpg


やや左寄りのてっぺん到着。意外に山の稜線もハッキリ浮かび上がりました。
でも残念な事に、なんだか笠雲みたいなかたまりの雲がちょうど山頂付近を隠しています。
あの雲が無ければなかなかいいダイヤ富士だったのになぁ。

P2010074-1-1.jpg

引いて撮影。
思ってたより夕焼けもいい色になり、山頂の雲はちょっとイラっとしますが、なかなかいい景色。
綺麗に山頂に乗ったダイヤは撮れなかったけれど、まあこれはこれで良しとします(笑)


P2010079-HDR-1-1.jpg

帰り道の夕焼け~ブルーモーメントへ移る空景色がまた美しい事。
思わず途中で自転車を止めて見入ってしまいました。

P2010115-1-1.jpg

つい一週間くらい前までは、連日のように空が澄み渡っていましたが、
ここ数日、季節の進みを感じる空になってきました。
日差しもまさに光の春…眩しさの中に力強さを感じますね。



category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 2

ダイヤモンド富士2016秋 3  

撮影3日目は昨日の場所より江戸川を更に北上。
この日は土手ではなく、近くの展望施設からでした。

高い所からの空はかなりモヤモヤ、遠くのビルなども物凄く霞んでいます。
時間はだいぶ近づいてきてますが、富士山はまだまったく見えません。
ここからは今までも何回かチャレンジしてますが、なかなか綺麗なダイヤ富士を撮るのは難しいのです。

PB050022-HDR-2-1.jpg

当然ながら、この場所もこの日はカメラマンがとても多くちょっと混み合いました。
時間になると皆さん一斉にカメラに集中。
見えなかった富士山が、太陽がかかり始めたらハッキリしてきました。
稜線もなんとか確認でき、山頂に到着です。
この日は夕焼けの色具合がマイルド系なオレンジ。
雲はなく富士山もこの色に包まれて輝いてました。

PB050052-HDR-1-3.jpg

あんなに霞んでいたはずの空。
日が落ちるとともに視界は良くなり、残照がなんと美しい事でしょう。
濃いオレンジの帯をバックに富士山もシルエットがくっきりです。
この日の景色は値打ちあり。素晴らしい夜景へと変わっていきました。
スカイツリーに富士山、そして左に小さく東京タワーの先端もはっきりです。
何回見てもここからのこの夜の輝き、綺麗で大好きです。

PB050137-2-1.jpg

連日富士山の姿を拝める天気に恵まれ、楽しい撮影でした。
私もこの先は今回はちょっと追っかけられず、この秋はこれにて終了。
また年明けて2月にダイヤを拝めたらと思っています。


※本日こちらのコメント欄はクローズさせて頂きます。
拍手コメントの方を開けておきますので、ご連絡等よろしかったらご利用下さい。

category: ダイヤモンド富士

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。