のんびり気ままに

暮らしの中での出来事や感じた事、写真も交えて綴ります
MENU

ダイヤモンド富士2016秋 1

ここ数日、江戸川沿いでのダイヤモンド富士の撮影をしました。
私の今秋の撮影はこの日が初日、大洲2丁目付近の土手からです。
お馴染みのメンバーの皆さんと一緒に、私もファインダーから富士山を見つめました。
久しぶりに好天に恵まれたこの日、太陽が綺麗に山頂に乗り、見事なダイヤモンドを見る事ができました。



太陽が沈んでいくと、夕焼けのスクリーンに富士山の影が浮き上がり始め二重富士の姿も。

PB030110-HDR-1-1.jpg

日没後のブルーモーメントへ移り変わっていく頃には、左の方角から細い三日月と金星が昇ってきました。
穏やかな気温だった日中も、陽が落ちると途端に冷え込んできましたが、
夜空へと色変わりしていく空があまりに綺麗だったので、しばらく眺めて帰りました。

PB030132-1-1.jpg

翌日・翌々日と撮影をしたものも、また順番にブログへ載せていきます。




夏から入院中だった私の母が、先月下旬に旅立ちました。
特に最後の1週間はとても苦しい状態が続き、側で見ていても可愛そうで、私も辛くてたまらなかったです。
臨終を迎え穏やかな顔になった母を見て、ようやく楽になったね…と母の頭を撫でながら声をかけてやりました。
同時に私も辛さや心の重みがスーッと軽くなっていったのを覚えています。

母を我が家に引き取って10年ほど。
徐々に弱り老いを増し、随分手もかかるようになっていきましたが、
自分の母を最期まで看る事ができたのは、ある意味幸せだったかもしれませんね。
私なりに目一杯世話もしたつもりなので、心残りもあまりありません。
葬儀でも穏やかな気持ちで送ってあげる事ができました。

お骨になってまた我が家へ戻ってきましたが、今は逆に前より近くにいる感じがしています。
これから少しずつ色々手続きや後片付けをしていかないといけないですが、
もしかしたら先々全て片付いて一段落した時、本当の寂しさが来るかもしれないですね。

葬儀後、今週は私も少し心身共に休養を。
ちょうどこのダイヤモンド富士の時だったので、いい気分転換出来ました。

週が明けたら、少しずつまた前へ動き始めようと思います。
そしてまだ義母もいますので、そちらをいずれ見送るまでは私ももうひと頑張りです。


※本日こちらのコメント欄はクローズさせて頂きますね。
拍手コメントの方を開けておきますので、ご連絡等よろしかったらご利用下さい。

該当の記事は見つかりませんでした。