のんびり気ままに

暮らしの中での出来事や感じた事、写真も交えて綴ります

桜咲く道  



しばらくブログをお休みしていましたが、本当に久しぶりの投稿になります。

東京も桜の開花宣言からノロノロのペースでしたが、ここに来てようやく見頃になり、
一昨日は友人と谷中霊園の桜並木を歩いてきました。
風もなく穏やかな陽気で、本当にいいお花見日和。
綺麗な花の下を歩くって、気持ちがいいですね。


実は2月半ばに義母が旅立ちました。
前から悪性の病気を患っていた事や、老化に伴う諸々の症状などもあり、
ここ1年ほどは施設で過ごしていましたが、
最後も病院ではなく施設での看取りを私は選択しました。
その選択をするにあたり、長年世話をしてきた私と普段の義母の状態を知らない身内との間で、
最初はちょっと意見の相違から色々あったんですが、
施設の先生や看護師さん、担当のヘルパーさんなども、
義母の様子を細やかに見てくださっていた人達ほど、私と同じ考えでいてくださり、
身内との話し合いにも心よく同席してくださったりして、
本人の負担を出来るだけ少なく、苦しまない旅立ちのサポートを本当によくして下さいました。

昨年秋に私の母を看取った時は、夏に入院した流れのまま最後まで病院でした。
連れて帰ってあげたかったけれど、それは出来ない状態でした。
亡くなる時は病院…というのが普通の事だとその時は思っていましたが、
管だらけの最後の姿が、今でも思い出すとちょっとかわいそうで辛くなります。
その思いをして日も浅かったせいか、義母はなるべく体に負担をかけないように送ってあげたいと思ってはいました。

義母の場合は、亡くなる場所の選択が出来る状態でした。
家族も付き添いをしながら、またそれが母の旅立ちを各々が受け入れる時間ともなり、
最後はみんなが納得した中、施設の皆さんや家族に見守られて穏やかに旅立っていきました。

私も義父から始まり、実母、義母と3人を見送った16年間の介護生活が終わりました。
出来る事は目一杯やったので、全く悔いはないです。
それとこれでようやく私もお役目が終わったんだとほっとしている部分もあります。

義母の在宅介護の時にとてもお世話になったヘルパーさんの1人から、
『本当にお疲れ様でした。これからは自分の人生だけを考えて生きて下さい』…そう言葉をもらいました。
正直長かったですね…でも親の世話が自分の当たり前の生活リズムになってしまっていた所もあって、
こうして親達全員がいなくなって、何だか自分の中でその環境にまだちょっと慣れないでいます。

つい先日納骨も済ませ、葬儀からの流れも一息です。
短期間のうちに2人の葬儀を出したので、正直かなり疲れました。
谷中の綺麗な桜の下を歩いて、友人とゆっくりお喋りして久しぶりちょっと生き返りました。
花が咲き、これから木々も芽吹き、自然もますます生き生きとする季節。
私も新しい自分の生活をスタートさせなくちゃと思ったひと時でした。


※本日はコメント欄はクローズさせていただきます。
宜しかったら拍手コメントの方をご利用ください。

category: 気持ち・呟き

tb: --   cm: --

ダイヤモンド富士2017(4)  

江戸川でのダイヤモンド富士撮影も今日は大洲付近。
この場所は、毎回お天気に恵まれる確率がとても高い場所なんですが…。

ダイヤの時間の30分ほど前に土手に来ましたが、
強風のせいもあって、すでに富士山のシルエットが肉眼でも確認できるほどよく見えていました。
でもすぐ上に黒っぽい雲が帯のように居座っています。
太陽は見えるでしょうか…。



ダイヤの時間になっても結局、太陽が降りてきて乗る所が全く見えませんでした。
こんなに富士山ははっきりしているのに残念です。
右側の稜線の上の方あたりに、あ~太陽が今あそこにいるんだなぁという、
ごくごく僅かな端っこが一瞬だけ見えてわかりました。

P2070097-HDR-1-1.jpg

ダイヤモンドは不発に終わりましたが、
太陽が沈んだ後に、富士山の後ろから薄明光線でしょうか。
ちょっと後光が放たれたような、パーッとした光芒のような光が現れ、
これも短い時間でしたが、とても綺麗でした。

P2070132-1-1.jpg

北風の強風でさぶいさぶい…撮影済んだらさっさと撤収しました。

category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 7

ダイヤモンド富士2017(3)  

ダイヤ富士が続きます。
撮影場所も江戸川を更に南下してきて、今日は前回の場所から遠くに見えていた高層ビルの屋上展望からです。

この場所から何度も撮影してますが、今日の混み方はビックリでした。
いつもの調子で1時間程前に来てみたら、あちゃ~もう場所が…。
たくさんのカメラマンで窓のそばはほとんど陣取られていました。
守衛さんが、物凄く混んできてるから入場制限にぼちぼちなるかもしれないなんて話も。
なんとか隙間に入り込みましたが、こんな事初めてです。
今回は土曜日のせいもあったからかもしれません。

ダイヤの時間まで、皆さん富士山の方角を見つめながら待ちます。

P2040267-1-2.jpg

17時頃に太陽が富士山にかかり始めました。
今日のこの場所からは左寄りに入り沈んでいきます。
空がもやっていてたわりに、ダイヤが始まったら意外にすぐ稜線も良く見えてきました。

P2040299-HDR-1-1.jpg

太陽が富士山に乗り始めるとあっという間に沈んでいってしまうので、シャッターチャンスは短時間。
今日はど真ん中に乗るパターンではなかったので、姿が見えなくなるのも早かったです。

P2040309-HDR-1-1.jpg

写真を確認したら、剣ヶ峰の辺りに2つの光。
キャッツアイが撮れてるのがありました(^^)v

P2040315-1-1.jpg

ダイヤはあっという間でしたが、そのあとの夕焼けも沢山の人達と楽しみました。
明日はお天気が崩れるようなので、このオレンジの空がなんだか名残り惜しい感じでした。

P2040330-1-1.jpg



category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 4

ダイヤモンド富士2017(2)  

今日は昨日の場所より川沿いに少し南下した、こんな場所から撮影でした。
朝から北風が強く、土手は飛び切り風が吹き抜け、超~寒い寒い。



直前まで富士山の姿が私は確認できず、寒さで手もかじかみ、
手袋したり、もたもたとそんな事に気を取られてたうちにファインダーをちょっと覗いたら、
おっと、もう太陽が山頂にかかり始めてるじゃないですか。
あせって何とかダイヤに間に合いました。

昨日に比べて今日は雲がない分、日差しが強烈。
眩しすぎて山の稜線までハッキリ写せませんでしたが、
太陽が綺麗に山頂に乗りました。

P2020157-HDR-3-1.jpg

太陽が傾き始めると、ようやく稜線もくっきり。
山頂の左側に黒い影、二重富士も現れました。

P2020211-HDR-3-1.jpg

帰り道の日没後の景色も今日もまた美しかったです。
シルエット富士がいつまでも見えていました。

P2020253-1-1.jpg

冷たい風の中で寒かったけれど、大満足の撮影になりました。

category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 4

ダイヤモンド富士2017(1)  

また地元でのダイヤ富士の季節がやって来ました。
今日は江戸川沿いの、ほぼ松戸市になる辺りから撮影しました。

ポイントに着いた時にはこんな空模様。
ここ数日急に空も春への兆しを感じる霞具合に。
まるでセピア色に撮ったかと思う感じにもわっとした色合いの景色です。
富士山もまったく見えません。



少しづつ空が色づき始め太陽がだいぶ降りてきた頃、うっすらと富士山の稜線がやっと確認できました。

P2010048-HDR-2-1-2.jpg


やや左寄りのてっぺん到着。意外に山の稜線もハッキリ浮かび上がりました。
でも残念な事に、なんだか笠雲みたいなかたまりの雲がちょうど山頂付近を隠しています。
あの雲が無ければなかなかいいダイヤ富士だったのになぁ。

P2010074-1-1.jpg

引いて撮影。
思ってたより夕焼けもいい色になり、山頂の雲はちょっとイラっとしますが、なかなかいい景色。
綺麗に山頂に乗ったダイヤは撮れなかったけれど、まあこれはこれで良しとします(笑)


P2010079-HDR-1-1.jpg

帰り道の夕焼け~ブルーモーメントへ移る空景色がまた美しい事。
思わず途中で自転車を止めて見入ってしまいました。

P2010115-1-1.jpg

つい一週間くらい前までは、連日のように空が澄み渡っていましたが、
ここ数日、季節の進みを感じる空になってきました。
日差しもまさに光の春…眩しさの中に力強さを感じますね。



category: ダイヤモンド富士

tb: 0   cm: 2